半陶半茶繁盛記

今日は窯焚き、明日は茶会、、、

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

第35回 笠間の陶炎祭(ひまつり) に出店します

f0229883_10224611.jpg

第35回 笠間の陶炎祭(ひまつり) 
2016年4月29日~5月5日 9:00 - 17:00 
笠間芸術の森公園イベント広場

くわしくはこちらへ 笠間の陶炎祭(ひまつり)公式ホームページ


| お知らせ | 10:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

茶道文化講座「茶の器、食の器」のお知らせ

3月6日(日)に「茶の器、食の器」と題し講演をさせていただくことになりました。
会場は市川市文化会館、第590回市川市茶道会月釜での企画として開催されます。
茶券の取次も致しますので、多くの方のご参加お待ちしております。

日時  平成28年3月6日(日) 
    午前10時~午後3時(最終入席)

会場  市川市文化会館 
    (JR、都営新宿線「本八幡駅」より徒歩10分)

御席  薄茶席  江戸千家  小松 宗良 先生
     薄茶席  裏千家    尾籠 宗知 先生

    講座 「茶の器、食の器」 講師 奥田 冬門 
    時間 11時~と13時~の2回(所要時間約1時間)
    会場 3階第5会議室

2013年ユネスコ無形文化遺産に「和食」が登録され、これは人類の遺産を代表するものの一つとして世界で認められたものです。今後、日本人の伝統的な食文化の保護、継承が求められます。茶の湯における懐石も私たちの食文化と密接な関係を持ちながら発展してきました。
今回の講座では「茶の器、食の器」と題して、茶懐石で使われる向付、皿鉢類、酒器などの陶磁器を中心に解説いたします。また、日常的に使われる食器の扱い方などについても、製作者の視点からお話しできればと思っております。

茶券  2000円
     
講座は当日の茶会券でご入場いただけます。
入退室自由ですので、お茶席の都合でご参加ください。

茶券は当日、市川市文化会館の市川市茶道会受付にて販売しております
     

問い合わせ   電話:0299-47-1145  奥田まで
        メール:info@wabunka.jp
       茶券のご予約なども承ります


| お知らせ | 10:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お稽古始まりました

新年のお稽古始、柏教室、市原教室合同で初釜を開催しました。
私が濃茶席を家内が薄茶席をそれぞれ担当し、社中の皆様にお茶を差し上げました。

s-DSCF2775.jpg
皆具は毎年同じもの、私が茶名をいただいた時に、父親が記念に作ってくれた線文象嵌の皆具です。
初釜の取り合わせで、毎年使っているものがいくつかあります。
正月にしか使わないものもあります。
また一年巡ってきたなあという気分になるものですね。

s-DSCF2799.jpg
お茶の後は宴席、合間に少しお話させていただいています。
今回は茶杓の話を少々。
夏に茶杓削りの研究会を予定していますので、少しでも茶杓に興味を持っていただきたくて。

正月の薄茶席では、恥ずかしながら拙作の初削りの茶杓でお茶を差し上げています。
今年の銘は「さざれ石」でした。
君が代の歌の内容を改めて味わってほしかったので、今年はオリンピックイヤーですからね。

ここから今年のお稽古もスタートです。
楽しく、価値ある学びの時間となるよう精進していきます。





| 茶会 イベント | 23:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

香取神宮へ

元旦の奥田家は千葉に集合して宴会なのですが、途中の香取神宮へお参りしてきました。
国譲りにも登場する経津主神(ふつぬしのかみ)がご祭神。
利根川を隔てて相対す鹿島神宮の武御雷神(たけみかずちのかみ)とはとっても縁の深い神様です。

s-DSCF2741.jpg

神社の規模は鹿島神宮より小さいですが、この拝殿カッコいいと思いませんか。
ここへ来るまでの建物は朱塗りなんですが、楼門をくぐるとシックな黒に金の装飾が上品な取り合わせ。

s-DSCF2736.jpg

香取神宮にも要石あります。
鹿島の要石とともに2か所で守ってくれたから、震災でも東北ほどの大きな被害にならなかった?





| 見聞録 | 21:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます。
本年も陶芸に茶道に精進いたしますので、よろしくお願い申し上げます。

s-DSCF8848.jpg
毎年のことですが、年明けはお世話になっているお隣の鳳林院でお手伝い。
除夜の鐘とともに参拝される方々に、けんちん汁を差し上げます。
今年は風もなく穏やかで、良い年明けになりました。



| 茶会 イベント | 03:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。