FC2ブログ

半陶半茶繁盛記

今日は窯焚き、明日は茶会、、、

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

子供と茶道

茶道教室に1月に入門した高校生が熱心にお稽古に通ってくれています。
学生さんは受験や進学、就職で環境が変わるとお稽古を中断せざるを得なくなることも多いですが、
それぞれの付き合い方で細く長く続けていただきたいです。

若い頃に、流派の青年部でジュニア層の担当をしていたこともあります。
中学、高校の茶道部の皆さんを対象に茶会体験などの研修会を企画していました。
大人になっても続けてお稽古されていたらうれしいです。

お茶の世界には、学校茶道に手弁当でかかわっていらっしゃる先生方がたくさんいて、
それぞれ試行錯誤しながらお稽古されているのをたくさん見てきました。
本当に頭の下がる思いです。

ところで、うちの茶道教室では若年層の入会に際して年齢の制限を設けています。
中学生以上から入会していただけます。
小学生や、親子ででのお稽古などの問い合わせをいただいたこともありますが、現状では対応できていません。
これまでの茶道界での経験と当教室のプログラムを考慮して、現在の年齢制限に至っています。

中学生以上であれば、教室で行われるレッスン内容について大人と同等の対応で学べるであろうということ。
稽古の中心は1対1の点前の手ほどきになりますが、それ以外にも掛物や茶花の解説、伝統文化一般に関するレクチャーなど学んでいただく内容は多岐にわたります。
個人差はあるでしょうが、受講者側の一般的なスキルとして中学生以上ならOKということです。

それからもう一つ
児童、幼児でのお稽古はまずじっと座らせられることから始まります。
このことについては個人差が大きいですが、とてもお行儀のいいお子さんがいたとしても、
周りの大人がどうしても子ども扱いしてしまい、それによって稽古場の雰囲気が変わってしまうということがあります。
私たちよりも教授者としてのスキルが高くて、稽古場の空気をうまくコントロールできれば問題ないかもしれませんし、
お稽古も世間話をしながら楽しくというサロンのような教室ならばお子さん交えてというのも楽しい要素になるでしょう。
お茶に限らずどんな教室でも、レッスン内容とともに教室の空気は大切で、自分に合った場所を選ぶことが必要だと思います。

前述のように流派の支部で学校茶道の担当をしていたころから、ジュニア層の茶道については考えることは多くありました。
子供にお茶を教えるのは簡単そうに思えるけど、
本当はもっと重要で、難しいのではないかと考えています。
現在もどのような在り方が良いのか明確な答えは持っていなくて、保留というところです。

私がお茶のお稽古始めたのは茨城に来て焼物の修業を始めたころ、24歳でした。
子供のころから始めていたら、どうなっていたでしょうかね。


DSCF1038.jpg
羽衣椿、白梅

| 茶の湯のススメ | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://wabunka.blog75.fc2.com/tb.php/259-edf8d59b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。