半陶半茶繁盛記

今日は窯焚き、明日は茶会、、、

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

茶の湯のススメ ~ 和菓子

最近入会された男性、お茶でいただく和菓子に興味ありと体験レッスンのときにおっしゃってました。
男子でも甘党いますよね。

私も甘いもの好きです。
そもそも老舗の和菓子屋の血が入ってますから。
でもアルコールも大好きです。

片や男性の生徒さんで、甘いもの苦手でお稽古のお菓子を毎回持ち帰る方もいらっしゃいます。
奥様へのお土産となって喜ばれているそうです。

私が以前教えていただいた男性のお茶の先生でやっぱり甘いの苦手な方いらっしゃいました。
稽古のときお菓子はいっさい食べません。
でもお茶はよく飲んでいらっしゃいました。

毎週の稽古でのお菓子、季節に合わせてバリエーション豊富になるようお出ししています。
家内がいつも頭を悩ませつつ探します。

稽古菓子を毎回同じ菓子屋に頼んでしまえば話は簡単ですが・・・

同じ和菓子屋さんならどの菓子も餡の味は同じですから、どんなに美味しくても飽きてきます。
お店によって当然味が違うし(これは甲乙でなく)、得意なものが違う。
行動範囲の数件のお店を中心に、地方から取り寄せたり、
毎週出来る範囲で様々な和菓子を紹介したいと思っています。

デパ地下行けばいろいろあって楽しいし、和菓子でも大福やどら焼きなどは自分で買うこともあるでしょうけど、
練り切りなど上生菓子はなかなかねぇ~
お値段も結構高いし、だったらケーキのほうがいいかな?
ってコトありますよね。

お茶でしか出てこないような和菓子もありますから、お茶をすると甘味の魅力をもっと知ることになるかもしれません。


そういえば、子供の頃からの家庭の味は何年も食べてるのに飽きませんよね。
テレビかなんかで見たのですが、
お母さんの手作り料理は毎回微妙に味が違う。
材料が日によってちょっと違ったり、調味料の濃さがすこしづつまちまちだったり、
プロはその品質が一定なのでしょうけれど、家庭ではなかなかそうはいかないでしょう。
でもいつもお母さんが作っているわけで、味の基本線は同じ。
そのちょっとした誤差で飽きがこない、ということだったと思います。

って言うことは、
お稽古の菓子も全部手作りすれば大丈夫ってこと?

考えておきます。。。

| 茶の湯のススメ | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://wabunka.blog75.fc2.com/tb.php/223-6267feb5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。