FC2ブログ

半陶半茶繁盛記

今日は窯焚き、明日は茶会、、、

2010年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年11月

PREV | PAGE-SELECT |

≫ EDIT

延々と

CA3A0063.jpg

大鉢に象嵌で線文を施す作業、溝を掘って白土を埋めて、写真の作業は削り仕上げをしているところ。
工程の中では一番気を使います、気を許すと削りすぎてしまうんです。

何のものつくりでも同じでしょうけど、地味な作業が延々と続いていきます。
この象嵌技法の基礎は父から受け継いだものですが、作業をしていく中で小さな発見がたくさんあるんです。
ささいなことですが、これを積み重ねてそれぞれの作家のオリジナルになっていくんでしょうね。


ブログランキングに参加しています
応援クリックお願いします!

人気ブログランキングへ   ブログランキング・にほんブログ村へ





| 工房にて焼物など | 22:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

河北工芸展受賞

22日より仙台で行われる第19回河北工芸展にて「河北賞」を頂きました。

以前は東北6県での公募でしたが、昨年より全国公募になったそうです。
私は今年初めて出品いたしました。
私の家は祖父の代までは仙台にありましたので、土地への思い入れもありご縁がありましてうれしいかぎりです。

授賞式に出席するついでに、仙台の街を色々見てこようと思います。

第19回河北工芸展のHP

河北

top_logo3.jpg
kahokukougeiten.jpg



 人気ブログランキングへ  <--クリックお願いします--> ブログランキング・にほんブログ村へ




| お知らせ | 01:21 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

茶花地帯

小美玉の自宅周辺で茶花を採取できる場所が色々ありますが、ここの林がもっとも多いところです。
適度な半日陰の雑木林で、風炉の時期には常にチェックしています。

CA3A0056.jpg


今年は天候の影響で野菜が高騰していたりしますが、花も同じでしたね。
稽古の時に入れた花を記録しているのですが、例年同じ時期、場所にあるはずの花が遅れたり、出てこなかったり、花では苦労しました。
自宅で育てている花も猛暑に耐え切れず死んでしまったものもありました。
稽古では毎週違う花を2箇所に入れようとしていますが、今年は厳しい時期がありました。


CA3A0058.jpg

写真は水引と金水引です。
今日ここでは他にノダケ、山薄荷、シラヤマ菊、ノアザミなどをとりました。



ブログランキングに参加しています
応援クリックお願いします!

人気ブログランキングへ   ブログランキング・にほんブログ村へ


| 茶の眼 | 01:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日の茶花

今日は市原でお茶の稽古です。
朝に茨城から車で出てきたのですが、途中所要があって車を駐車中気温が上がって中に置いてあったある花が瀕死の状態!着いてから蘇生を試みましたがだめでした。
何とか市原のお庭にあるものでまとめました。

CA3A0052.jpg
藤袴、山吹、薄 手付きの籠に



ブログランキングに参加しています
応援クリックお願いします!

人気ブログランキングへ   ブログランキング・にほんブログ村へ


| 稽古日誌 | 23:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

塩せんべい

CA3A0046b.jpg


お茶会や展覧会などの手土産に重宝している三原堂の塩せんべい。
本店は人形町にありますが、工場が小美玉市にあります。
出来立てが買えるわけですから、東京で売ってるのよりおいしいはず!

自宅用には割れせんを買って帰ります。


ブログランキングに参加しています
応援クリックお願いします!

人気ブログランキングへ   ブログランキング・にほんブログ村へ



| 茶の眼 | 10:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

市川市茶道会参会

いつも大変お世話になっているI先生がお席持ちとのことで、市川市茶道会の月釜へ社中の皆さんと伺いました。
会場は市川市の法華経寺、普段は別の会場なのですが年に1回こちらのお寺で行うようです。


CA3A0051.jpg
大きな山門をくぐって境内へ


CA3A0050.jpg
まずは祖師堂でお参りを済ませてから


CA3A0049.jpg


裏千家のI先生はとてもお道具持ちの先生で、いつもいろいろ勉強させていただいています。
茶碗は了入の黒茶碗、釜はやさしいラインの筒釜で長野さんの極め、江戸初期のものだそうです。
他にも流儀の書付ものを中心にした名残のお取り合わせでした。

もう一席は表千家の先生で、社中の若い生徒さんたちはお点前の違いなど興味深く拝見していました。

私は会員ではないのですが、これまで2回ほど市川市茶道会で釜をかけさせていただきました。

平成20年2月3日の様子

平成21年4月5日の様子


ブログランキングに参加しています
応援クリックお願いします!

人気ブログランキングへ   ブログランキング・にほんブログ村へ



| 茶会 イベント | 23:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

茨城のl栗

CA3A0044b.jpg


茨城県は日本一の栗の産地だそうです。
お世話になっている方に季節のご挨拶をお送りしようと近くにある栗農園へ行きました。


CA3A0042b.jpg


四万騎農園は贈答用の付加価値の高い栗を生産している農園です。
生栗のほか栗ジャムや渋皮煮などの加工済みの商品もあります。
昨年行った「和みカフェ」ではジャムを使おうと準備の時期に物色しに来ました。
ショップには「栗博士」のおにいさんがいていろいろ説明してくれます。
お値段はスーパーなどと比べると何倍もしますが、品質はもちろん、贈答用としてのパッケージも良くできていますので、贈り物には最適と思います。

CA3A0043b.jpg

栗の色々な品種が展示されています。

CA3A0047b.jpg

自宅用にも購入しました。

四万騎農園
茨城県かすみがうら市土田1020-24


ブログランキングに参加しています
応援クリックお願いします!

人気ブログランキングへ   ブログランキング・にほんブログ村へ


| 茶の眼 | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT |